漫画日記のカイマル百貨店~笑いを毎日量産中~

なんでもない日常を、腹を抱えて笑いながら過ごす。

風の谷のナウシカを見た後は生き物にやさしくなれる

 

こんにちは!

カイマルです。

 

最近、低気圧がくると

身体の節々が痛くなったり

吐き気や頭痛がします。

 

そしてこれらの不調を言い訳に

いつも以上に、だらりだらりと過ごしております。

 

 

f:id:onigiri00onigiri:20200521164758j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200521164818j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200521164844j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200521164902j:plain

 

 

こんにちは、ジブリ映画が大好きなカイマルです。

 

カイマルはミーハーな人間でして、ジブリとディズニーが大好きです。

ディズニーはいつも伏線などを残さずに物語がきれいに完結します。

必ずといってハッピーエンドですし、鑑賞後にとてもすっきりとします。

 

一方、ジブリは見終わったあとに、すっきりしません。

「あのシーンには一体どんな意味があったのだろう?」

「作中に登場したあの人物は、あの後どうなったのだろう」など

考察する点がいっぱいあります。

 

高校生の時に、現代文の授業で「羅生門」を習いました。

「羅生門」では、最後に「老婆の行方は、誰も知らない(うろ覚え)」みたいな言葉で締めくくられます。

これに対し、現代文の先生が

「良い作品とは、読者にその後を想像させるものです」と言っていました。

 

なるほど、と高校生のカイマルは思いました。

 

f:id:onigiri00onigiri:20200521165116j:plain