漫画日記のカイマル百貨店~笑いを毎日量産中~

なんでもない日常を、腹を抱えて笑いながら過ごす。

あまりに安らかに眠る夫とカウンセラーのアドバイス

f:id:onigiri00onigiri:20200616170720j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200616170734j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200616170752j:plain

こんにちは、寝つきの悪さに定評があるカイマルです。

 

対して夫は、めちゃくちゃ寝つきが良いです。

布団に入って30秒くらいで寝れます。

もう、喋っている途中でも眠ります。

羨ましい限りです。

 

寝つきの悪い原因として、私は暗いところが怖いです。

もう2〇才なのに、おばけの類が怖いのです。

あと、泥棒とか変質者も怖いです。

多分、以前泥棒に入られたのがトラウマになっています。

(めちゃくちゃ計画的な犯行だったんです)

 

でも明るいと眩しくて眠れません。

でも暗いと怖い。

カイマルはこの矛盾の中で、毎晩苦しんでいます。

 

あと、目を閉じるのもこわいです。

めちゃくちゃ眠くてしんどいのに、閉じられないのが辛いです。

目を閉じたら、そこにおばけがいるのかどうかわからないですもん。

(目を開けていたとしても、見えていないだけかもしれませんが)

昼寝ならいくらでもできるんですけどね。

 

以前大学のカウンセラーと面談した際、このことを相談しました。

 

カイマル「おばけや幽霊が怖くて眠れないんです」

カウンセラー「カイマルさんは、今までにそういうものを見たことがあるのかな?」

「ないです。」

「じゃあ、本当におばけが怖いものかは、わからないよね?」

「・・・」

「もし、おばけに会っちゃっても、きっと無害だと思うから、逆にそのときは『ふ~ん、おばけって、こういうものなんだ。おばけを見るなんて貴重な経験をできてよかった』って、思えばいいんじゃないかな?」

 

 カウンセラーのポジティブ発想やべえ( ゚Д゚)

とカイマルは思いました。

 

 

👇Twitterやってるお('ω')ノ

リツイートしてくれる方は控えめにいって神です。お供え物をさせてください。

 

 

👇下着泥棒に遭ったり、財布を盗まれたり、不運なカイマル

 

www.kaicomic.com

 

 

長生きしてほしい。

f:id:onigiri00onigiri:20200616170945j:plain

👇ブクマにいただいたコメントは、記事内で返信いたします。その際、通知が行くようにするために、コメント主様の記事をリンク貼らせていただきますのでご了承を