カイマル百貨店~毎日漫画ブログ~

ぽんこつ妻のコミックエッセイ。なんでもない日常を、腹を抱えて笑いながら過ごす。

無駄な殺戮をなくす【漫画】虫も殺せぬ繊細さ

f:id:onigiri00onigiri:20200628112433j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200628112449j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200628112606j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200628112629j:plain

こんにちは、飲食店で働くと手が血みどろになるカイマルです。

そういえば、寒い地域に越してからは、一度も彼らを見たことがありません。

雪が降るのは嫌ですが、夏も涼しいし、虫は少ないし、案外住みやすいのかもしれません。

悲鳴を上げられるナス

カイマルはああいう系の虫は苦手ではありません。

しかし夫は彼らが大の苦手です。

夫はこの前も、台所に落ちていた、ナスのはじっこを見て悲鳴を上げていました。

「ああいう黒くて光沢があるもの、落としておかないで!」と、たいそうご立腹でした。

ナウシカ的な撃退方法

もちろん、我が家の退治係はカイマルなのですが、なんせカイマルはナウシカ的思想を持っているので、殺生をすることに抵抗があります。

ですから、スプレーとかで軽く弱らせたところを、ちりとりとかで拾い上げて、外に解き放っていました。

飲食店でアルバイトをしていたときは、「これも仕事のうち」と思って、心を無にして退治していましたが、毎回とてもつらい気持ちになっていました。

カイマルは繊細さん?

夫が最近話題の「繊細さん」について解説している動画を見たらしく、「カイちゃん繊細さんじゃない?異常に共感性高くて虫とかにも同情するじゃん」って言ってきました。

確かに、思春期の多感なころ、動物が可哀そうだと言う理由で、ベジタリアンになったりしてました。(周りにめちゃくちゃ心配された黒歴史)

でもどちらかというと、それは繊細というより、一種の思想かなと思います。

今では肉でも魚でも、がつがつ食べれていますので、ご安心ください。

でも相変わらず自らの手で殺生するのは抵抗があるので、家に虫さんがこんにちはしたときは、窓からそっと捨ててます。

 

カイマルのナウシ化的なお話はこちら

 

www.kaicomic.com

 

 

カイマルのTwitterはこんな感じでございます

ハムネタ多めかも。

だってかわいいんだもん。

 

f:id:onigiri00onigiri:20200628113517j:plain

ブクマやコメント、絶対返信するよ!