漫画日記のカイマル百貨店~笑いを毎日量産中~

なんでもない日常を、腹を抱えて笑いながら過ごす。

ハムスターという名のネズミ

f:id:onigiri00onigiri:20201003184157j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20201003184216j:plain



こんにちは、ハムスターを飼い始めて早9カ月たったカイマルです。

 

 

ハムスターを飼いにペットショップへ行き、

さてどの子をお持ち帰りしようか

と悩んでいたときに目に入ったのが、

今、我が家にいるハムスターです。

 

ペットショップに売られているハムスター達は

どれも産まれた時期は同じくらいなのに

そのハムスターだけ、やけにちっこくて

それでも他の子に負けないくらい元気いっぱい暴れまくってました。

 

ちっこいクセに頑張って生きているその生き様に

カイマルは心惹かれ、お持ち帰りを決意しました。

 

人間はなぜか、小さいものをかわいく感じるのです。

 

そしてこの友人のいうように

その場の勢いで連れ帰ったはいいものの

家に帰って眺めているうちに

「ああ、やっぱりネズミだなあ」

なんて思えてきてしまいました。

 

可愛いと思って買ったはずなのに

本当にこの先可愛がっていけるのか

ものすごく不安になりました。

 

でも、毎日顔を合わせるうちに

そのネズミらしさも含めてどんどん

愛おしく思えてきました。

 

買った当初に比べたら大きくなったとはいえ

まだこんなちっこいだけの生き物なのに

これがいなくなったら私はもう

めっちゃくちゃに悲しい気持ちになるんだって

ことが不思議な気持ちです。

 

これからもこのちっこい生き物を

できる限り幸せにしてあげたいなあと思います。

 

 

 

 

↓ハムトークで盛り上がれる友人ができてうれしい。

 

f:id:onigiri00onigiri:20201003221334j:plain