漫画日記のカイマル百貨店~笑いを毎日量産中~

なんでもない日常を、腹を抱えて笑いながら過ごす。

家事に「平均点」を求めなければ、最高の趣味になる

f:id:onigiri00onigiri:20201011192901j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20201011192914j:plain

 

こんにちは、日曜の夕飯は適当になりがちなカイマルです。

 

たまに疲れたときは面倒になりますが

カイマルは基本的には家事が好きです。

 

家事のいいところは、

手をかけようと思えばどこまでも手をかけることができ、

手を抜こうと思えばどこまでも手を抜けるところです。

 

食事も、丁寧に料理しようが

買ってきたものを食べようが自由です。

 

洗濯ものも、丁寧に手洗いしようが

まとめてコインランドリーに行こうが自由です。

 

一切の汚れを許さない部屋に住んでも

ゴミ屋敷に住んでも、自由です。

 

自由だからこそ、

やらなくても自分を責めずにいられるし

やったときは自分を褒めることができます。

 

カイマルは、YouTubeで

主婦の家事ルーティンの動画を見るのが大好きです。

 

見ていると自分も家事のやる気が出てくるので

家事のやる気がないときにはよく見ています。

 

そういう動画に出てくる主婦の方々はとても丁寧に家事をされています。

きっと、平均以上の家事をしています。

平均だったのなら、誰も動画なんて見ませんもん。

 

彼女らは、毎日3食分、品数が多く彩の良い食事を作り

ひとり分ずつ分けて洒落た小皿によそいます。

 

洗濯物は、タグの表示をきちんと見てから行い、

常に拭き掃除を欠かさず、家に一切の汚れを許しません。

 

完璧を追求するその家事っぷりは

動画で見ていてとても気持ちがよいです。

 

ただ、もしこの家事の質が平均であり

私もこのレベルの家事を必ずしなくては

いけないとなったら、私は家事を嫌いになるでしょう。

 

自分と、自分の家族以外が家事をする様子はあまり見ないので

どのくらいが家事としての「平均点」なのかはわかりません。

 

家事は手を抜けるとはいえ、

生きていく上では一生付き合っていくものなのです。

 

だから今後も嫌いにならないように

家事としての「平均点」という枠にとらわれないように

適度に肩の力を抜いて取り組んでいきたいです。

 

 

f:id:onigiri00onigiri:20201011195233j:plain

座り方がだらしないカイマル