漫画日記のカイマル百貨店~笑いを毎日量産中~

なんでもない日常を、腹を抱えて笑いながら過ごす。

セーラームーン→プリキュア→今はプリンセスらしい。

 

f:id:onigiri00onigiri:20200805172946j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200805173020j:plain

※カイマルの年齢詐称疑惑が出ると困るのでひとこと。

セーラームーンを見たのは再放送です( ゚Д゚)!!!

リアルタイム世代ではない…

 

子供の頃の記憶で、妙に記憶に残っているシーンってありますよね。

カイマルの場合、こんな記憶があります。

年少さんとカイマル

カイマルが年長さんの頃、年少さんとペアを組んでおやつを食べたり遊んだりするイベントがありました。

年長さんは率先して年少さんのおやつを用意してあげたり、話しかけてあげたりします。

カイマルも、年少さんに何か話さなくては、と思い

「〇〇ちゃんは、将来なにになりたいの?」

と聞いてみました。

動物になりたい

するとその年少さんの子は、もじもじしながら

「うさぎさん…でも、きりんさんもいいなあ。」

と答えました。

実に3歳児らしい答えです。

子供なれしていないカイマル

しかし、当時、たった5歳のカイマル。

まだ弟が生まれておらず、ひとりっ子だったカイマル。

小さな子供との接し方なんて、まるでわかっていません。

ド正論をかます

「いい?○○ちゃん。

人間は動物さんには、なれないんだよ?

将来の夢はお仕事とかにしなきゃ。

と、その年少さんに真顔で教えてあげました。

 

私、すげえ嫌な奴だな。

 あれがきっかけで、あの子がグレてたらどうしよう。

 

 

カイマルはこどもの頃、節子ヘアだった。

f:id:onigiri00onigiri:20200805173455j:plain