漫画日記のカイマル百貨店~笑いを毎日量産中~

なんでもない日常を、腹を抱えて笑いながら過ごす。

育児ならぬ育ハム~今まで飼ったペットたち~

 

f:id:onigiri00onigiri:20200902192332j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200902192447j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200902202848j:plain



 

こんにちは、友達の赤ちゃんを変顔であやしたら、「ごめん、そういうのはちょっと」と友達に真顔で言われたことのあるカイマルです。

 

カイマルのペット歴史

➀まさかの爬虫類、亀

小学生のとき、「とっとこハム太郎」の影響か、ハムスターを飼うのがとても流行りました。

クラスメイトも何人か、ハムスターを飼い始めました。

 

カイマルもハムスターが欲しくなり、母親にねだったのですが

「お母さん、ネズミ苦手だから」と拒否されてしまいました。

 

代わりに亀を買ってくれました。

 

亀。。。( ゚Д゚)

 

ちなみに名前はカメ吉でした。

ど定番。

 

②庶民のペット代表、柴犬 

しばらくして、祖母宅に同居するようになりました。

祖母宅には、柴犬がいました。

 

外につないで飼っていたのですが、私が学校から帰るといつも、しっぽをふりふりしてこちらに寄ってきました。

 

躾がなされていないので、家族以外のものに対しては、けたたましく吠えました。

毎年、家庭訪問の度に、先生達が涙目になっていました。

今思えば、防犯上は最高ですね。

 

飼い主に似て肥満気味で、首にところがだるんだるんで、そこを触るのが好きでした。

祖母はいつも料理をするとき、キッチンの窓から犬に話しかけていました。

 

そんな柴犬も私が高校生のときに老衰でなくなりました。

祖母はいまだに弟のことを犬の名前で呼び間違えます。

(最近は私のことをお母さんの名前で呼び始めた) 

 

 ③賃貸のボーダーライン、ハムスター

その後も特にペットを飼うことはなかったのですが、

今年の年明け、ふと「ハムスター、飼いたくね?」と思い、とても安易な気持ちで我が家にハムスターを迎えいれました。

 

まさかこんなにもゾッコンになるとは、思ってもいませんでした。

かわいくてかわいくて、ついつい動画ばかりとってしまうのでiPhoneの容量がパンパンです。

どんくさい動きや、ふわふわの毛並みにいつも癒されています。

 

そして今日も、デレッデレの赤ちゃん言葉で話しかけてしまっています。

できるだけ、できるだけ長生きして、カイマルの傍にいてほしいなと思います。

 

 

f:id:onigiri00onigiri:20200902203013j:plain