漫画日記のカイマル百貨店~笑いを毎日量産中~

なんでもない日常を、腹を抱えて笑いながら過ごす。

料理下手な夫が起こした珍事

f:id:onigiri00onigiri:20200905165731j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200905165840j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200905165924j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200905170007j:plain


こんにちは、新しい職場で働き始めたものの

生活リズムにまだ慣れず、体調の優れないカイマルです。

 

朝起きる時間がいつもより3時間早くなったのです...

(いや、今までが寝すぎなのもあるけど)

 

この漫画をかくのに3日もかかってしまった…

 

昨日も体調がいまいちす優れなかったため、夕飯は味噌汁だけ作り、おかずは買ってきたお惣菜で済ませました。

夕飯にお惣菜を出すときは、なんとなく罪悪感があるから不思議です。

 

夫は料理を全くしません。

好きじゃないそうです。

ただ、丁寧な性格なので、リンゴの皮むきなどは、私より上手です。

 

私の体調が優れないときは、夫にはコンビニ弁当を買ってきてもらいます。

最近は、体調が悪いと伝えただけで、何も頼まなくてもポカリやゼリーを買ってきてくれるようになりました。

 

付き合い始めたころは、こちらの要求はひとつひとつ言葉で伝える必要がありましたが、一緒に過ごす時間が長くなるにつれて、なにも言わなくてもわかってくれることが多くなってきて、生活がどんどん楽になってきました。

 

ゴミの日は前日にゴミを束ねて玄関に置いておき、翌朝夫がそれをゴミ置き場まで持っていくのですが、

この前、前日にゴミを束ねるのを忘れていたのにも関わらず、全てのゴミ袋が家からなくなっていたのでとても驚きました。

 

私の中での、夫に対するハードルが低すぎるのかもしれませんが、めちゃくちゃ感動しました。

過ごす時間が長くなればなるほど、いろんなことが上手くいくなんて、将来が楽しみで仕方ありません。

 

 

 

夫は家庭科のせいで、内申点オール5を逃した。

f:id:onigiri00onigiri:20200905170155j:plain