漫画日記のカイマル百貨店~笑いを毎日量産中~

なんでもない日常を、腹を抱えて笑いながら過ごす。

なんとなくきまずいこんなシーンの突破方法

f:id:onigiri00onigiri:20200907190213j:plain
f:id:onigiri00onigiri:20200907185038j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200907190324j:plain

f:id:onigiri00onigiri:20200907190421j:plain 

昨日、こちらの漫画をTwitterにアップしたところ

ぽっちりさん(id:pottiri)より、

「あったかい感じで、少しだけ見るのがいいのでは?」

というようなアドバイスをいただきました。

 

「それだー!」

 

...と、カイマルは思いました。

 

もし自分が叱られている子供の立場だとしたら、

自分が叱られている、恥ずかしい状態を

いろんな大人達にじろじろ見られたら嫌だろうし、

さらにその視線が冷たかったら傷つくだろうし、

 

かといって、友人が悪いことをしているわけではないので、

あからさまに目を反らすのもなんだかなあ~と思っていたんです。

 

あったかい感じでちょっとだけ見る...すごくいいなと思いました。

こんな良いアドバイスを、ふといただけるのもTwitterのいいところだなあと思いました。

ぽっちりさん、ありがとうございます。

 

ちなみにぽっちりさんはこちらのブログを運営されている方です。

興味ある方はぜひ。

pottiri.tech

 子持ちの友人は遊びに誘い辛い

 

子持ちの友人はなんとなく遊びに誘いづらいなと思っていました。

 

 忙しさの想像がつかないので、もし、こちらが誘ったときに

「お前みたいに暇じゃないんだよ!」と思われたらどうしよう...

とうじうじ悩んでいました。

 

「結婚したら誘いにくくなった」

 

しかし最近、独身の友人と話しているときに

「カイマルも結婚しちゃって、誘いづらくなったわ」

と言われてハッとしました。

 

 私は全然問題なく遊びにいけるのに、

その友人からしたら私は「結婚してるから」

という理由だけでなんとなく誘い辛いんだと知りました。

 

 これは今の自分の状況にも当てはまるのではないかと思いました。

 

忙しさは本人にしかわからない

 

例えば私は短時間勤務なので、フルタイムで働く友人は

「なんとなく忙しそう」という理由で誘い辛く感じますが、

 

ただフルタイムで働いているといっても

仕事内容や残業の有無、家庭環境によって

忙しさは違ってくるでしょう。

 

ひとくちに「子育て中」であっても

その子供の年齢や性格、旦那さんやその他家族の状況で

時間を空けられるかが変わってくるでしょうし、

 

それに一見時間がありそうに見える友人の中でも

実は人に言えない事情があって、

寝る間もないほどに多忙かもしれません。

 

忙しさは他人からは決して判断できないのに

こちらが勝手に「忙しそう」と決めつけて誘わないのは

よくないことなのかなと思いました。

 

私だったら、例え都合が合わずに断ることになったとしても

誘われただけで嬉しいです。

 

勇気を出してzoom女子会開催

最近は感染拡大により帰省もできないので

もっぱらオンライン女子会ばかりです。

 

それでもなかなか子持ちの友人を誘う勇気が出ず、

今まで子供がいない友達しか誘えなかったのですが

先月思い切って誘ってみたところ、普通にオーケーしてくれて

今週末、久しぶりにzoomで集まることになりました。

 

何を話そうか悩んじゃいますが、

とりあえずハムスターを見せびらかして

自慢したいなと企んでおります。

 

 

 

 

子供って泣いてても怒ってても暴れてても可愛いからすごい。

f:id:onigiri00onigiri:20200907190748j:plain